See more details
Title List

Manha De Carnabal - Ronnie Mathews

Trip To The Orient

album / 『Trip To The Orient』
artist / Ronnie Mathews(ロニー・マシューズ)


作曲 : Luiz Bonfá(ルイス・ボンファ)

1959年の映画『黒いオルフェ(Orfeu Negro)』の主題歌としてお馴染の、ルイス・ボンファ作曲の「カーニバルの朝(Manhã de Carnaval)」です。

ジャズでも多くのミュージシャンが演奏していますが、1975年に録音された 『Trip To The Orient』に収録されている曲です。

ジャズはサポート陣も重要で、バックの演奏遺憾でメインの奏でる楽器のノリも気持ち良く奏でているか判るように思いますが、この曲もそんな風に感じる演奏です。

ロニー・マシューズの奏でるエレビの響きが、なんともエレガントで延び延びと聞こえませんか・・・・・。

ベースはジャズ・ファンには「チンさん」の愛称でお馴染の鈴木良雄さん、ドラムはホレス・シルバーやジョン・コルトレーン、らとも共演しているルイ・ヘイズです。

当のロニー・マシューズも、マックス・ローチ・グループやアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズらとも共演している名ピアニストです。


・・・・Ronnie Mathews Trio - Manha De Carnabal
関連記事
 

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK